クワトロのスパイラル不動産投資法


融資の記事一覧

今年で総額10億になりました。融資実績更新

今年で総額10億になりました。融資実績更新

どうもクワトロです。 バイトが忙しすぎて普段の活動が六にできておりません。 やっと、年末で時間が取れました。 融資や銀行関 続きはこちら >

スルガ銀行殿との本当の付き合い方

スルガ銀行殿との本当の付き合い方

どうもクワトロです。 最近かぼちゃの場所を筆頭に問題が浮き彫りになっている タイトルの件ですが、厳しいことを言うと、被害になる前 続きはこちら >

融資につながる本書きたいならやばい特典キャンペーンあります。

融資につながる本書きたいならやばい特典キャンペーンあります。

どうもクワトロです。 本日私の共著の本が発売開始されました。 限定本は続々、金融機関に配っておりますが、 反響がとてつもな
続きはこちら >

製造メーカ必須のお金と時間の処方箋

製造メーカ必須のお金と時間の処方箋

どうもクワトロです。 今勉強会に来てます。 普通に会社にいるとえれないもの。。。 お金を稼ぐというのは、サラリーマンの時間 続きはこちら >

2018年融資動向と信じるべき人とは。お金の基本

2018年融資動向と信じるべき人とは。お金の基本

あけましておめでとうございます。 今年も始まりました。 あっという間に冬休みがおわり、 あまり年末年始らしさがなかったです 続きはこちら >

所得税の変更でライバル増加。融資との関係

所得税の変更でライバル増加。融資との関係

どうもクワトロです。 税制がどんどン変わってきております。 高所得者には、厳しい世の中になっており、 本当に節税を知らない 続きはこちら >

昨今の融資の姿勢。東京版。審査に必要なものとは

昨今の融資の姿勢。東京版。審査に必要なものとは

どうもクワトロです。 昨今では相当な融資の変化が起こっています。 なので逆に考えると仕組ができているように感じます。 &n 続きはこちら >

妻の収入を増やす不動産経営のポイント収入分散

妻の収入を増やす不動産経営のポイント収入分散

どうもクワトロです。 h動産投資を考えると 収入分散という考えかたができるようになります。 たいていの家族だと旦那さんの収入が 続きはこちら >

区分の購入時に気を付けること。安定した収入への道

区分の購入時に気を付けること。安定した収入への道

どうもクワトロです。 私が来年で投資の年数が10年になります。 10年前に何があったか。。。 何も知らずに買っていました。 続きはこちら >

区分と一棟戦略の違いとは?年収低くても始める準備

区分と一棟戦略の違いとは?年収低くても始める準備

どうもクワトロです。 私にご操舵する方で いきなり一棟 を狙う方がおります。 前提は年収が良いが自己資金がないかた。 続きはこちら >

1 2 3 4 5 7

クワトロ


1980年7月8日生まれ申年。新潟県立高田北城高校卒業、埼玉大学大学院修了。大手電機系メーカの子会社に就職後、2008年に、苛烈な残業と、何とかなるという職場環境からうつ病を発し、社会の不合理を痛感する。収入の不安と人生の不安から、サラリーマンの収入および残業に依存しない収入の獲得を決意し、2009年に不動産投資を開始。

金なし、コネなし、知識ゼロから不動産投資を実践し、売却も含めて、累計8億以上の融資実績あり。

現在では、サラリーマンの傍ら、同じ境遇の人を救うため、サラリーマンの人生を変える不動産投資コンサルおよびセミナーを実施中。コンサル実績300人以上で、コンサルした方の合計資産は150億、家賃収入は15億を超える。中にはうつ病から不動産投資で人生を好転した方も複数名いる。また開催する不動産セミナーの講演内容だけでなく、運営のスキル、コミュニティ満足度アップに定評がある。

対象はサラリーマンだけでなく、就職学生の新卒採用面接のセミナーも国立大学で複数開催し、受講者の中にはソニー、トヨタなどに4月半ばの早期で合格の実績もある。

現在は不動産投資と自己投資のスパイラル実践中。 モットーは「最大の投資は自己投資」自分でやってわからなきゃ意味がない。目指せ10億資産!!
仕事も生活も自分で成長していかなきゃ、何も残せないと思っています。
アメブロはこちら↓
http://ameblo.jp/ohguro78/

ピックアップ

Facebookページ

Twitter

最近の投稿

最近のコメント

Facebookで最新情報を購読

カテゴリー

アーカイブ

メタ情報

クワトロの戦略誌

2022年8月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

タグ


このページのTOPへ